完全生中継!ディーラーとの心理合戦を楽しみたいならエンパイアカジノ

 

 

エンパイアカジノ 違法

日本人にはカジノ自体あまり馴染みがありませんが、

「日本国内からオンラインカジノをプレイしたら違法じゃないの?」

って考える方も多いと思います。

 

結論から言うと「違法でも合法でも無い」って所で、そもそもオンラインカジノを取り締まる法律が日本にはまだありません。

 

日本を拠点としてオンラインカジノのような賭博が行われるのはもちろん違法です。

でもエンパイアカジノは拠点が日本ではありませんので、そもそも日本の法律で取り締まることが出来ません。

日本の法律でいうと賭博罪がありますが、これは賭博をする物と賭博場を提供する者が両方とも日本にいないと成立しません。

 

しかも、カジノ法案が成立して日本にもリアルカジノが誘致されるので、オンラインカジノ自体が認められる可能性も高いです。

 

公式サイトをチェックするならこちら。

 ↓↓↓↓ 

 

過去にはたしかに、過去にオンラインカジノのプレイヤーが逮捕されたケースがありました。

オンラインカジノの運営自体はイギリスで行われていましたが、日本語版のサイトを日本人が運営していて、さらにサービスの営業時間も日本に合わせたモノとなっていました。

「日本人向け」と判断されて、遊んでいたプレイヤー3名が2016年に逮捕されています。

 

「逮捕=有罪」

というイメージがありますが、逮捕は「容疑があるから逃げられないようにしているだけ」の状態です。

 

実際、3名のうち2名は略式起訴という形で罰金を払っていますが、弁護士を立てた1名は不起訴処分になっています。

不起訴処分ということはお咎めなしですから、そもそも日本の法律に反していなかったという事です。

あとの2名もきちんと裁判をしていれば、不起訴になった可能性が非常に高いと言えます。

 

結局これは逮捕した京都府警の「勇み足」のような形で終わっていて、「日本でオンラインカジノをプレイするのは有罪」というわけではありません。

有罪だったらもっと頻繁にニュースになっているはずですが、2016年にあった逮捕のニュース以外は全く聞きませんよね。

 

裁判というのは過去の判例を重視する部分がありますから、今後どこかの警察がプレイヤーを逮捕したとしても前例と同じく「不起訴処分」になる可能性が高いです。

「逮捕したのに不起訴処分になる」っていうのは警察のプライドにもかかわりますから、そもそも逮捕するケースが無くなるでしょう。

 

オンラインカジノは日本にある法律の対象外ですから、そもそも取り締まりようがないんです。

しかも逮捕された3名は1,000万以上オンラインカジノに使っていたようなので、「見せしめにとりあえず逮捕されただけ」なんじゃないかとも思います。

 

オンラインカジノを違法とする法律が成立すればもちろんアウトですけど、カジノ法案の追い風もある中でそれは考えにくいです。

エンパイアカジノはライセンスもきちんと取得していて海外が拠点のオンラインカジノですから、逮捕される心配はまずないと考えて問題ありません。

 

なので安心して、エンパイアカジノや他のオンラインカジノでバカラやルーレット・ポーカーなどを楽しみましょう。

 

 

完全生中継!ディーラーとの心理合戦を楽しみたいならエンパイアカジノ

 

 

<プロフィール>

2016年からオンラインカジノを始めて、最近はライブカジノにハマってます。

 

最初はスロットメインだったんですが、途中からゲーム性とかリアリティを求めてライブカジノに移行しました。

運ゲーのスロットと違って、ライブバカラだったら攻略法とか覚えればそれなりに勝てちゃうんですよね。

ちなみにルーレットは2/3ベット法で、バカラはグランマーチンゲールを使ってます。

 

<リンク>

オンラインカジノ

 

<その他の記事>

 

 

 

 

 

© 2019 エンパイアカジノ rss